「コンビニ人間」 極端な人たちと社会のお話

村田沙耶香の小説「コンビニ人間」を読んだ。 「コンビニ人間」である主人公と、周りの人々が織りなす、少し変な物語だった。